topimage

2017-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウミガメ考 - 2015.02.28 Sat

あるひ、父ちゃんが夕方の散歩から帰ってきて

「海にカメが死んでたー」と。

どのくらいの大きさかと聞いたら、けっこう大きいらしく。

翌日の朝、娘ちゃんと見に行ったら、本当に大きいカメさんで。

20150323142942730.jpg


調べたらメスのアカウミガメでした。

完全な大人ではないけれど、3歳はいってるんじゃないだろうかというサイズ。

頸部に怪我をしていたけど、死因はもちろん不明。


近所の人が本部町の海洋博公園に通報して、回収されたようです。

最近、死んで漂着する若いウミガメが多いんだそう。

我が家の前の浜も、すぐ隣を走る大きな道路ができるまでは毎年ウミガメが産卵に来ていたそうです。

20150323142848316.jpg


カメは海中を漂うビニールを見ると、クラゲや海藻と間違えて食べてしまうんだそうで

そうすると当然、排出できない分が腸内につまり、死んでしまいます。

ちゅら海水族館のウミガメ館に展示してある「一頭のウミガメの体内から出てきたビニールゴミ」の多さには

本当に驚きました。

20Lポリ袋にいっぱいになるくらいの量のビニールでした。

海も川も、つながっています。

20150323142931146.jpg

もし海や川に遊びに行ったら、少しでもいいからゴミを拾ってほしい。

それが難しいのだったら、絶対にゴミを捨てていかないで、持ち帰ってほしい。

近くのダイビングスポットにも、多くの観光客が来ますが、コンビニの袋やジュースの空き缶、割りばしの袋など

土にかえらないゴミをそのまま、駐車場に捨てて行ってしまいます。

それは袋に入っていてもカラスが散らかし、風が吹けば浜に落ち、海に落ちます。

そして波にもまれ、小さく破砕されながら、魚やカメやクジラやイルカのおなかに入るのです。

もちろん漂着ゴミのなかにはハングルのもの、中国語のものもあるけれど

たいていは日本語の書かれた新しいもの。

太平洋に浮かぶ、「プラスチックゴミ」の塊 「太平洋ゴミベルト」は総量1億トンにも上るそうです。

小さなところからでも、少しずつ。

結局、このプラスチックたちは分解されて毒をだし、巡り巡ってまた人間の口に入るのですから。



スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

ブログ内清掃活動 «  | BLOG TOP |  » 今日はしとしと雨

プロフィール

母ちゃん

Author:母ちゃん
☆☆☆もも家の家族紹介☆☆☆
熊本出身の父ちゃん。
東京生まれの母ちゃん。
07年8月1日千葉生まれのもも姐さん。
09年秋生まれのニンゲン次女さん。
11年春、多分沖縄生まれのたろー(卒業)
13年早春生まれ?片目の白猫せん。
12年生まれ?14年秋から庭猫のマナちゃん。

11年福島原発事故により東京から避難移住。

ももたろー

script*KT*

☆count up☆

script*KT*

おせん記念日

まにゃカウント

マナがうちに来はじめて

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

赤い糸の先は・・・

いつでも里親募集中

カテゴリ

未分類 (0)
ヒダマリ日記 from沖縄 (43)
母ちゃんのつぶやき (75)
自然農ビギナー (37)
イベント (21)
次女成長記録 (312)
次女病気の記録 (16)
生後0ヶ月 (22)
生後1ヶ月 (14)
生後2ヶ月 (14)
生後3ヶ月 (12)
生後4ヶ月 (14)
生後5ヶ月 (13)
生後6ヶ月 (7)
生後7ヶ月 (8)
生後8ヶ月 (12)
生後9ヶ月 (8)
生後10ヶ月 (6)
生後11ヶ月 (10)
生後1歳0ヶ月 (9)
1歳1ヶ月 (2)
1歳2ヶ月 (11)
1歳3ヶ月 (5)
1歳4ヶ月 (7)
1歳5ヶ月 (15)
1歳6ヶ月~ (14)
3歳 (2)
おしゃれさん (9)
手作り (6)
布おむつ (5)
オススメ☆ベビー用品 (16)
離乳食 (12)
三女 せん(猫) (8)
311以降 放射能関係 (7)

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

QRコード

QRコード

毛皮、必要ですか?

Fur-Free.com

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。