topimage

2017-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

避難用リュックの中身。 - 2011.03.15 Tue

地震、みなさんの地域ではどうでしょうか。

ももひな家は母のミスでももが脱走し足を少し怪我しましたが軽いものが落ちたくらいで大丈夫でした。

父ちゃんも徒歩5分のとこに働いてるし。


とりあえず今は節電が大事なので 現時点でお伝えしたいことだけ書きます。

http://blog.goo.ne.jp/matatabi-okaka/e/60f5b42e85a35ac32d1e242886ad5a5f


避難用リュックを用意していなかったという方がけっこういるようなので

参考までに我が家が用意しているリュックの中身を書いた記事 を貼っておきます。

記事はひなが生まれる前に書いたものですが

たしたものは粉ミルクとオムツ、授乳中でも飲めるカロナールくらいです。

後はリュックとは別に、1.5Lペットボトルに水道水を入れたものを15本くらい用意してあります。

本当はテントも欲しいですが、高いので買っていません。

ご参考にどうぞ。
スポンサーサイト

● COMMENT ●

地震お見舞い

地震発生から1週間が経ちましたね。母さんたちが大丈夫だったようで何よりです。津波や被害の映像を見ると本当に心が痛みます。
被災地以外の利便性は後回しで良いと思います。電力、燃料、救援物資など早急に被災地に届けられることを願っています。

何より、新生児がいる人たちはどうしているんだろうかと心配です。命が助かっただけでもありがたい状況だとはいえ、皆と同じ避難所にいるのでしょうか?少しはより管理・保護された場所にいるのでしょうか?ミルクやおむつや清潔な水は手に入るのでしょうか?妊娠後期の人は?
皆が大変な状況にいるとはいっても、子供を持ってみるとそれがどれだけしんどいことかわかるようになり、少しでも救いがはやく届くことを願うしかありません。

わたしの実家は以前から東海地震が心配されている地域です。富士山もあります。どう対策したらいいのか、備えてどうにかなるものなのか、わかりません。何より、海外にいてこんな災害が起きて、家族の安否もわからず、助けに帰りようもないとしたらどうしたらいいのだろうと考えてしまいます。
考えて備えるべきですね。

それにしても、今回のことで国全体がいかに電力やなんでもすぐ手に入る便利さに依存しきっているかが浮き彫りになったと思います。東京都知事がいうように日本人は自分たちの姿を見直してやり直さなければいけないんじゃないかと思います。

最後に、ご無沙汰しておりました。一戸建新居へお引っ越しおめでとうございます。やっぱり庭があるっていいですよね。
ひなちゃん「おひなさま」の箱に入っているのかわいいですね。
ももさん、地震のショックは大丈夫でしょうか?
うちのこもてくてく歩き回り、サッカーボール蹴ったりしています。モップとほうきが大好きで、自分の身長の2倍以上ある長い柄をもって歩いてます。
では、また

お返事

daliaさんこんばんは

そちらには今の日本の状況はどう報じられているでしょうか

被災地は海沿いがほとんど壊滅 原発は綱渡り状態
首相はじめ政治家はスピード感に欠ける対応
マスコミは被災者の神経を逆撫でし
被災者でもない東京都民は不安解消のためか
買いだめ買い占めで米やパン小麦粉紙オムツミルク電池懐中電灯牛乳などいまだに品薄

震災後ガソリンを求めて普段運転しない連中が運転するから交差点内にまで並んで渋滞クラクションだらけ
東京電力の計画停電は毎日停電するのかしないのか直前までわからず事業者は対応に追われ

まぁ見事な混乱ぶりです。


確かに店舗からの略奪は起きていませんが
義援金詐欺もありますし
被災地域では全く関係ない人間が、変わり果てた土地で金目のものを漁っているそうで
警察が持ち主のわからない金庫を片っ端から回収保護しています。


一部地域では原発で屋内退避地域に指定されてから
運送業者が被爆を怖がり物資が届かず
事業者や企業は怖がって我先に街を出ていってしまい
マスコミも来ずライフラインも全く回復しないなか
震災の遺体は放置されたまま、幼い命が餓死しているそうです

時間がたてばたつほど同じ国の話とは思えなくなってきました。

東京を含む東日本の混乱は当分続くと思います。
引っ越しは楽しみでしたがインテリア雑誌なんて読む気がおきなくなってしまいました。

震災後10分に1回以上起きていた余震はかなり減りましたが、ストレスか夜はなかなか眠れません(汗)

とりあえず今はとにかく節電
必要ない外出や買い物をしないで義援金に回す、くらいしか出来ません

もし今首都圏で大きな地震があったら間違いなく住民は
蜂の巣をつついたようにパニックになるでしょう
そのくらい皆不安に感じています。


ももは足は全然たいした怪我じゃなかったです
緊急地震速報の音を覚えたようでかなり怖がります。
ちょっと外出しても不安そうだし、私も置いていくのが不安で…

寝るとき枕元にはひな用ヘルメットと抱っこ紐

外出時は母子手帳ラジオが必須になっています…


管理者にだけ表示を許可する

練習中 «  | BLOG TOP |  » なんかせつない。

プロフィール

母ちゃん

Author:母ちゃん
☆☆☆もも家の家族紹介☆☆☆
熊本出身の父ちゃん。
東京生まれの母ちゃん。
07年8月1日千葉生まれのもも姐さん。
09年秋生まれのニンゲン次女さん。
11年春、多分沖縄生まれのたろー(卒業)
13年早春生まれ?片目の白猫せん。
12年生まれ?14年秋から庭猫のマナちゃん。

11年福島原発事故により東京から避難移住。

ももたろー

script*KT*

☆count up☆

script*KT*

おせん記念日

まにゃカウント

マナがうちに来はじめて

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

赤い糸の先は・・・

いつでも里親募集中

カテゴリ

未分類 (0)
ヒダマリ日記 from沖縄 (43)
母ちゃんのつぶやき (75)
自然農ビギナー (37)
イベント (21)
次女成長記録 (312)
次女病気の記録 (16)
生後0ヶ月 (22)
生後1ヶ月 (14)
生後2ヶ月 (14)
生後3ヶ月 (12)
生後4ヶ月 (14)
生後5ヶ月 (13)
生後6ヶ月 (7)
生後7ヶ月 (8)
生後8ヶ月 (12)
生後9ヶ月 (8)
生後10ヶ月 (6)
生後11ヶ月 (10)
生後1歳0ヶ月 (9)
1歳1ヶ月 (2)
1歳2ヶ月 (11)
1歳3ヶ月 (5)
1歳4ヶ月 (7)
1歳5ヶ月 (15)
1歳6ヶ月~ (14)
3歳 (2)
おしゃれさん (9)
手作り (6)
布おむつ (5)
オススメ☆ベビー用品 (16)
離乳食 (12)
三女 せん(猫) (8)
311以降 放射能関係 (7)

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

QRコード

QRコード

毛皮、必要ですか?

Fur-Free.com

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。