topimage

2017-05

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安いモノが 安い理由。 - 2010.08.31 Tue

IMG_7585.jpg

以前、高校時代の友人と久々に再会して 

ひなこの服の可愛いのを GAPで安く買ったという話していたときのこと。


『最近、GAP以外にもデフレだ価格破壊だって 日本には服とか靴とかどんどん安い値段で入ってくるけど、

あんなにちゃんと作ってて あの値段で買えちゃっていいのかな』っていう話になりました。


そしたらその彼 (小学校教師です)が

『あんな。それ 前に問題になってん。家帰って調べてみ』っていってくれたんです。


それで調べてみたら、こういうのが出てきたんですね。


黒うさぎさんのブログ 『アセンションの、その先へ。』 2007年8月の記事。
  ~安さの秘密は不当な搾取にありました・・・~ 


めぐみぃさんのブログ 『ヨーロッパご飯作り日記inベルギー』 2008年9月の記事。
   ~この服はどうしてこんなに安いの・・・?というお話~

中野香織さんのブログから 2009年6月の記事
  ~安価なジーンズにひそむ闇~

HTMLファイル (どなたかの2003年の卒業制作だそうです)
「途上国における多国籍企業の社会的責任
 -NIKEの東南アジア生産工場労働者に対する責任の取り方に関する考察」
 


IMG_5910.jpg


特にショッキングだったのは、やっぱりめぐみぃさんの記事に貼ってあった

プライマークというアパレルメーカーの児童労働についてのBBC WORLD NEWSの動画


 劣悪な環境で働かざるをえない人々についての動画 『BLOOD, SWEAT, and T-shirts』 


発展途上の国の幼い子どもが 貧しい大人が

不当に安い賃金で、劣悪な環境で 労働させられた結果が

可愛いGAPの服や どこそこの素敵なドレスや、かっこいいナイキの靴なわけ。

(ナイキは中国の経済成長にともなって、より安い人件費を求めて工場をベトナムに移転するそうです)


GAPはその後、BBCだかの新聞記事を受けて、海外の工場を調査をして

不当な労働をさせていた(あくまでGAPは指示してないらしい)工場とは契約を切ったって発表していましたが


ノルマをこなさないと、カンタンに契約を切られてしまう弱い立場なのは

発展途上の国の人なわけで。

契約を切られまいと長時間労働したり、こどもを働かせたり


それはいったい誰のためなの?って。


私たちが GAPに行って

『わー!!この服 カワイイ!!しかも安ーい!!買っちゃおうー』って

いうそのために 彼らは不当に安い賃金で頑張らされてる。


いくら生地が安くたって、いくら輸送費が安くたって

自分であの服を、あの完成度で作ったら あんな安い値段にはならないでしょ?

そもそも、あんな難しいカーブやドレープやホックつけたり出来ないでしょ?


日本で縫った服がなんで高いかって言ったら、きちんと技術に見合う賃金を払うからで

物価のレートが違うから、というだけでは簡単に片付けられない問題があると思うのです。


でも、たとえば私たちが不買運動を起こして、業績ががた落ちになったら

発注がなくなってあの工場で働いている人たちは、すぐにでも仕事がなくなっちゃうわけで。


それを聞いて うちの父ちゃんは

『うーん、じゃぁ安いし 彼らのためにも買ってあげなきゃいけないね』っていいました。




私、むかっとしました。どんだけ上から目線なんだと

何? それは一丁前に 経済大国なんていわれるようになった(今は落ち目の)国の人間のお情けなわけ?

そうじゃないでしょう!!!と。


労働 には きちんと見合った対価
 が必要です。
フェアトレードなんて、最近は言われるようになりました。

服を1枚縫ったら、ちゃんとそれにあったお給料をもらわないといけない。

先進国だからって、発展途上国を酷使していいわけじゃない。

そもそも働くためには 適した環境ってものがある。


今 自分の家にある家具や、家電や、服や靴。

きちんと価値を知って、大事に使わなければいけない。


極端に安いものって、大事にされないことが多いですよね。

たとえばビニール傘。

あれだって、工場で1本1本作ってる人がいるわけ。ビニール臭に耐えながら。

でも雨上がりの日なんて、あちこちに傘が捨てられている。

海の向こうの国で、誰かがへとへとになりながら作ったかもしれない傘が。


IMG_8005.jpg


私は、この問題についてまだまだ勉強不足だし、フェアトレードだけでは解決できないこともあるんだろうけれど

まずは自分の持ち物を大事にすること。

必要以外の多くのものを持とうとしないことからはじめようと思っています。



食べ物だって、同じです。

(これは今度書く「いのちの食べ方」の話にもかかってくるのだけど)

ロッテがチョコレートを作るのに、原材料であるカカオを輸入しているのは

アフリカのガーナ。

ガーナのこどもたちは農園でカカオ摘みの仕事があるので、あまり学校にいけません。

学校に行けないから、大人になっても稼ぎの良い仕事に就けない。

負のループです。


なにより私がショックだったのは、彼らがカカオがなにになるのかを知らない ということ。

彼らはチョコレートを知らないんです。 


私、これを聞いてチョコレートをあまり食べたくなくなりました。

きっと、板チョコの値段だって彼らがきちんと学校へ行って、大人が農園で働いて

家族を養えるだけのお給料をもらっていたら もっと もっと高くなるはずです。


ね。

 高すぎるもの。

 安すぎるもの。


少しものの適正な値段のことを 考えてみませんか? 




私は経済の仕組みとか全然わかりませんが、もっと格差のない社会って出来ないのかな。

人間に個性があるかぎり、突き詰めたらいろんな差は出てきてしまうのだろうけど

私は人としてこの国に生まれたことを 恥じてるといっても過言でないときがある。

海外の人に無理な労働をさせておいて、(もちろん国内にもそういった境遇の人は、少なからずいるけれど)

偉そうに選んでみたりして 着たり食べたり捨てたりしていることに

負い目のようなもの、いたたまれない気持ちをすごく感じるのです。

当たり前のようにそういうモノに囲まれている自分が 情けないような 恥ずかしいような気持ちになるのです。



長文おつきあいいただきまして名称未設定 1
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

ベビーカー 買い替えだ!!! «  | BLOG TOP |  » 恥ずかしい。

プロフィール

母ちゃん

Author:母ちゃん
☆☆☆もも家の家族紹介☆☆☆
熊本出身の父ちゃん。
東京生まれの母ちゃん。
07年8月1日千葉生まれのもも姐さん。
09年秋生まれのニンゲン次女さん。
11年春、多分沖縄生まれのたろー(卒業)
13年早春生まれ?片目の白猫せん。
12年生まれ?14年秋から庭猫のマナちゃん。

11年福島原発事故により東京から避難移住。

ももたろー

script*KT*

☆count up☆

script*KT*

おせん記念日

まにゃカウント

マナがうちに来はじめて

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

赤い糸の先は・・・

いつでも里親募集中

カテゴリ

未分類 (0)
ヒダマリ日記 from沖縄 (43)
母ちゃんのつぶやき (75)
自然農ビギナー (37)
イベント (21)
次女成長記録 (312)
次女病気の記録 (16)
生後0ヶ月 (22)
生後1ヶ月 (14)
生後2ヶ月 (14)
生後3ヶ月 (12)
生後4ヶ月 (14)
生後5ヶ月 (13)
生後6ヶ月 (7)
生後7ヶ月 (8)
生後8ヶ月 (12)
生後9ヶ月 (8)
生後10ヶ月 (6)
生後11ヶ月 (10)
生後1歳0ヶ月 (9)
1歳1ヶ月 (2)
1歳2ヶ月 (11)
1歳3ヶ月 (5)
1歳4ヶ月 (7)
1歳5ヶ月 (15)
1歳6ヶ月~ (14)
3歳 (2)
おしゃれさん (9)
手作り (6)
布おむつ (5)
オススメ☆ベビー用品 (16)
離乳食 (12)
三女 せん(猫) (8)
311以降 放射能関係 (7)

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

QRコード

QRコード

毛皮、必要ですか?

Fur-Free.com

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。