topimage

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はっさい - 2015.08.03 Mon



夏痩せして12kgくらいになっておしりの骨がゴツゴツしているももです。

母ちゃんがお祝いにお肉を買ってくれました

おいしかったです



まいにち誕生日がいいです

スポンサーサイト

ホエールウォッチングいったよ - 2014.04.14 Mon

今年もザトウクジラを見に行きました。

我が家の目の前の海。

s-DSCF9886.jpg

運悪く、ことしは予約した日が、波が荒く。
体を支えるのだけで必死。

乗り物に弱い母は酔い止めまったく効かず、ゲロンパ。

一応、クジラのジャンプも見られたけど、それどころじゃなく早く陸に帰りたかった・・・・。


後日、陸から双眼鏡で、遠くのジャンプをいっぱいみました。

元イルカトレーナーの友人は今年とうとうクジラ調査船に乗り込み、一緒に泳いだそうです。

その距離 5m。 すげえ。

畑脇のミニ田んぼ&庭の発泡田んぼ - 2013.07.26 Fri

借りている畑の脇に作ったミニ田んぼも、先週収穫のときを迎えました。

SN3O0614.jpg

こちらはママ田んぼで残った苗を少しずつ田んぼを作りながら植えていったので

ママ田んぼより3~10日くらい遅く植えたと思います。

今年は梅雨があまり長くなく、梅雨明け宣言の10日ほど前からまったく雨が降らず
毎日100リットルくらいせっせと川から汲んできては朝夕と田んぼにじゃばじゃば流していました。

途中からは、「エエイ完全にひび割れなければなんとかなるや!」と思ったり
でもたんぼに生まれた大量のオタマジャクシが「朝のうちに水を入れに行かないとみな死んじゃうー」とか
思って、もう半分以上オタマジャクシのために水を入れに通いました(笑


夏が本格的になってきてからは毎日の水遣り作業を見かねた畑の貸主が
軽トラの荷台にエンジンを積んできてホースを川に突っ込み、ギュインギュインと
まるで消防の放水訓練みたいに、エビ臭い川の水を、畑や田んぼに惜しみなく入れてくれました。

SN3O0627.jpg

2~3日に一度この作業をやってくれる貸主さん。
普段はあだ名で呼んでいるけれど、放水作業中の彼を私はひそかに「神降臨」と呼んでいます。

川の水は、山の岩盤を通って出てくる湧き水で、一年を通して水温は20度ないと思います。
手長エビやグッピーがいるような綺麗な水。
ママ田んぼは堆肥を入れたけれど、このミニ田んぼは純粋に川や雨の水だけ。

水だけで、こんなに立派に育ちました。

SN3O0613.jpg

ここだけの話、ママたんぼの米より、米粒のひとつひとつが大きい気がします。

茎はとても華奢なんだけど、、、だから大きく見えるだけかな?

実証すべく、米100粒とかの重さを測ってみたいと思います。

やったらブログにアップします!

ちなみに、この小さなたんぼで、私の手にワシっとつかめるくらいの束が3束取れました。

まだ脱穀していないので実際なんkgあるのか不明ですが。。。。

野菜を収穫するのもうれしいですが、やっぱりお米を主食としているので米の収穫は本当にうれしいです。><


ママ田んぼより2週間以上遅くなって植えた、庭の発泡スチロール田んぼたちも

遅ればせながら少しずつ実が色づいてきています。

こちらはあと2週間はまだかかりそうー。

s-DSCF9426.jpg

最初はこんなに、こんなに

s-DSCF9328.jpg

こんなに小さかったのにねー。

s-DSCF9173.jpg

やや草丈ばかりが伸びて(徒長して)いる感もあり
天日干ししていたママたんぼの米をかじったネズミが味をしめたらしく、やっと太ってきた発泡田んぼ米を
直接茎を切って食べてしまったり、受難のイネたちですがなんとか収穫まで頑張ってくれー!


こちらはタンクにためた雨水や、タンクから汲むのが面倒なときは水道水(!)で育っています。

ミネラルたっぷりの川の水をあげられない分、ちょっとだけEM液肥も上げたりして。

s-DSCF9326.jpg

こちらも収穫が楽しみです(ネズミさえなんとかなれば、の話ですが。やつは強敵)

真夏の畑。 - 2013.07.26 Fri

s-DSCF9432.jpg

畑ブログは、その都度その都度、日をおかず、時間を空けずに更新せねばだめだ。。。。。

SN3O0562.jpg

というのも。撮った写真をあとから見ても、いろんな種類の野菜を育ててると
「あれ?この子はいつごろのかな。この写真からどれくらいで花が咲いたんだっけ」とか
全部忘れておるのです。

SN3O0565.jpg

このスリランカの豆は、ネットをかけるのを待っていたかのようにニョロニョログングンツルを伸ばして

現在は30cmもあろうかというながーい豆が、取れています。

SN3O0609.jpg
(台風7号のちょっと強い風で軟弱棚が倒れて、株も倒れた。でも大丈夫だった!)

沖縄では「ささげ」っていう豆があって、これに良く似ているんだけど、完熟させずに
青いまま採取してさやごと頂きます。

でも私は豆を収穫したいので、完熟してパリパリになるまで採らずに置いてます。


これは・・・5本植えて全部失敗だったトウモロコシだ。

SN3O0566.jpg

原因は高熱、水不足、日差し強すぎ、とかだと思う。病気とかではない。

トウモロコシの残渣はすぐ堆肥になるそうなので抜かずにそのまま、株間に枝豆を移植しました。

SN3O0567.jpg

枝豆はチャレンジ2年目なんだけど、どうも空ザヤ現象が起きていてサヤがついているのに
ほとんど実が入っていません。

内地の枝豆(大豆)は沖縄の土壌では土壌菌が違うそうでうまく行かない、という話は聞いているんだけど
なんとかならんかなーと今年もチャレンジ。

沖縄には沖縄の在来種のオーヒグーなる大豆があるそうなんだけど、タネも普通には手に入らないし
もし手に入ったら、めちゃめちゃ育ててみたい野菜です。

沖縄産の大豆が手に入ったら、沖縄の米の麹で味噌が作れるじゃん!!!

こちらは第二弾の宮古小豆。

SN3O0568.jpg

私ったら1回目が上手くいったもんだから調子にのって苗を作ってしまったのだけど
小豆って、真夏はやらんらしい。。。。だよね。。。。。
普通旧正月とかに種まきして梅雨前には収穫できてるらしいもんね。。。。

s-DSCF9421.jpg
(上手に出来た、といっても1回目10数本苗があっても500のペットボトルの半分も豆取れなかったけど)

全然生育に適さない季節なのにけなげにも順調に育っていて可愛い小豆ちゃんたちです。

s-DSCF9401.jpg
(この時期、マンゴー農園で働く友人を持つというのは大変幸せなことですぞ)

ホームセンターで苗でかってきた桃太郎トマトは、
実が少ないながらもものすごく甘くて濃い実をつけてくれて
結局3株で6個ほど収穫したところで、旱魃と高温とやせた土壌にやられてしまった様子。

SN3O0611.jpg

s-DSCF9451.jpg

食べ物にうるさい母が「すごくおいしかった。食べたらなぜか子供の頃を思い出した!」と言ってくれたトマト。
まだ沖縄では今からでも間に合うそうなので、タネからまた苗を作っています。

SN3O0612.jpg

苗で買ってきたおなす。

やはり土が痩せてるんだろうなー。

ぜんぜん成長しません。花を咲かすのもやっと、という感じ。

うちの畑はまだ、野菜を育てる段階じゃないんではないかと思う。

自然農を始めた人が挫折するのは「思った以上に育たない」という理由が一番らしんだけど

ほんっと育ちません。

きゅうり、モウイ、スイカは完全消滅したし。

s-DSCF9400.jpg

よその畑のように木化はしてないけどオクラも個人的には順調。

じーまみ(落花生)も意外と枯れずに頑張っています。

s-DSCF9450.jpg

(もはや枯れるか枯れないかが成功or失敗の基準になってる時点で農業とはいえない気がする)


写真にはないけど、自宅の庭の一坪畑には、買ってきたパプリカの種を土に埋めておいて

発芽した苗が花を咲かせています。

ただ、今年はピーマンにカメムシが大量発生していて実に行くはずの栄養を、茎からどんどん吸ってしまっているので
ほんとに腹立たしいことこのうえ無しです。

多少なら多めに見ても良かったのだけど、日を追うごとにピーマンの苗木でどんどん増殖していってる。。。

トウガラシ焼酎付けの忌避スプレーも効果なし。(ニンゲンのほうがダメージでかい)

手で取るのが一番近道だそうですが、もう特大洗濯ネットでもかけてしまいたいくらいです。

むきーーーーーー!!!

コーン死んだ - 2013.06.25 Tue

4月頃に苗で買ってきたんだったようなコーン。

最初は青々としてバッタにかじられながらも元気だったのに

とうもろこし青々

バッタ対策で白い遮光ネット的なもので周囲をぐるっと囲んだら

2日ほどで葉っぱが黄色く変色。

とうもろこし蒸れた?

みるみるうちに枯れてしまい

コーン死
今日はもうこーんな姿です。房の中にはドライになった未熟コーンが入ってたり、入ってなかったり。

一体なにがダメだったんだろう???
水切れか。日差し強すぎたか。カバーのせいで蒸れちゃったか。。。

コーン死んだ


悔しいのでコーンの株間に枝豆を植えました。

枝豆うえた

コーンがこのまま肥料やらになってくれることでせう。 

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

母ちゃん

Author:母ちゃん
☆☆☆もも家の家族紹介☆☆☆
熊本出身の父ちゃん。
東京生まれの母ちゃん。
07年8月1日千葉生まれのもも姐さん。
09年秋生まれのニンゲン次女さん。
11年春、多分沖縄生まれのたろー(卒業)
13年早春生まれ?片目の白猫せん。
12年生まれ?14年秋から庭猫のマナちゃん。

11年福島原発事故により東京から避難移住。

ももたろー

script*KT*

☆count up☆

script*KT*

おせん記念日

まにゃカウント

マナがうちに来はじめて

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

赤い糸の先は・・・

いつでも里親募集中

カテゴリ

未分類 (0)
ヒダマリ日記 from沖縄 (43)
母ちゃんのつぶやき (75)
自然農ビギナー (37)
イベント (21)
次女成長記録 (312)
次女病気の記録 (16)
生後0ヶ月 (22)
生後1ヶ月 (14)
生後2ヶ月 (14)
生後3ヶ月 (12)
生後4ヶ月 (14)
生後5ヶ月 (13)
生後6ヶ月 (7)
生後7ヶ月 (8)
生後8ヶ月 (12)
生後9ヶ月 (8)
生後10ヶ月 (6)
生後11ヶ月 (10)
生後1歳0ヶ月 (9)
1歳1ヶ月 (2)
1歳2ヶ月 (11)
1歳3ヶ月 (5)
1歳4ヶ月 (7)
1歳5ヶ月 (15)
1歳6ヶ月~ (14)
3歳 (2)
おしゃれさん (9)
手作り (6)
布おむつ (5)
オススメ☆ベビー用品 (16)
離乳食 (12)
三女 せん(猫) (8)
311以降 放射能関係 (7)

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

QRコード

QRコード

毛皮、必要ですか?

Fur-Free.com

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。