topimage

2017-05

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フレーム - 2011.06.30 Thu




東京から持ってきた父ちゃんの写真


ずっとむきだしで置いていたら、母が『これに入れたら』と
フレームを買ってきました


そのままでは寂しかったから
拾った貝でデコレーション



まぁまぁの出来かな



今、ランプシェードを作りたくて
海で角が取れた硝子の破片や
貝殻をたくさん集めています


スポンサーサイト

カシャカシャおもちゃ リベンジ - 2010.08.07 Sat

無事ミシンも直ったので、早速作りました。

以前作ったカシャカシャ言うオモチャのリベンジ。


IMG_7577.jpg

どうもひなこは花柄が好きなようなので、花柄の生地にビニールを挟んで

捨てる服から取っておいたタグや、リボンやテープをつけました。


まあまあ気に入ったようです。


なんかこう、もっと大ヒットしないものか。

IMG_7581.jpg

紐もつければよかったかなぁー。失敗した!!


古いジャノメミシン 修理に出しました。 - 2010.08.03 Tue

私の使っているミシンは 母から譲ってもらったジャノメのミシン。

その名は ジャノメ トピア 801型

IMG_7381.jpg

先日とーちゃんの穴の開いたジーンズでバッグを作った時に

ムリをさせてしまったようで(針折れたし) ガガガって調子が悪くなっちゃって

掃除したり油さしてもダメで とうとう下糸をすくえなくなっちゃって(汗

よくみたら、釜のうしろのギアも割れちゃってるし(滝汗

IMG_7382.jpg

こりゃー修理だねって思って

まず山梨県のtetettaみしん工房さん に電話してみました。

そしたら運悪く「先日同じ型の修理があって、部品を使ってしまったので・・・」って言われちゃいまして。

最近のミシンなら、そんなことはないんでしょうが なんせこのジャノメトピアさん

製造番号調べたら1972年製なのよ。御年38歳なのよ。 

「古いミシンは海外でとても人気があるので、この際買い換えませんか?」って言われたので

丁重にお断りしました 

私はこのミシンがいいの!!!




で、次にさいたまのミシン生活さん に電話で問い合わせてみると

電話担当の方が丁寧に修理のスタッフさんに確認してくださり

「部品あります!」とのこと。

たぶん前オーナーの母は、一度もメンテナンスに出したことがないだろうと思ったので

ついでにオーバーホールもお願いしました。

修理期間は1週間。

愛着のあるミシンを修理に出すのって、すごく不安なんですよね。
到着した先のお店でどんな扱いを受けるんだろうって。
愛着だとか思い出だとか、お店の人にはわからないことですしね。

でも 送ったミシンがお店に到着した時と、修理完了して発送する時に
きちんと電話連絡をいただけて とっても安心でした。


割れたギアも新しく取り替えてもらって 帰ってきたミシン。

IMG_7563.jpg

工賃は12600円。往復の送料2100円でした。

母に修理の話をしたら「そんなに払うの!?新しいミシン買えるじゃないの、バカみたい」て言われちゃいましたが

私はこのミシンが 見た目も機能も 気に入ってるんですよねー。

モダンなマンションでは新しいミシンでもよいかもしれないけど

我が家みたいな築30年の柱もあめ色になってる和室アパートではこっちのが絵になるんですよ 


天井の蓋や、底を開けたときに見える機械のひとつひとつが「古き良きメイドインジャパン」だし

しっかり作られているから 40年近く経っても現役バリバリだし。

今じゃボタンひとつになってしまった、模様ステッチだって物理的にカムを替えるアナログさ。

IMG_7565.jpg

こどもの頃は ミシンを踏む母の横で このカムで遊んだものです。

糸のついたボビンで遊んでぐっちゃぐちゃに絡ませたり(笑




大阪のほうでは、部品がなければ作って修理してやる!!なんて男前な修理やさんもいるようなので

まだまだ20年くらいは大事に使いたいと思います。

IMG_7560.jpg
 

綺麗になって戻ってきたミシンの底に、新聞紙を敷きました。

たぶん、注油したあとの油が垂れるのを吸わせるためのものなんだと思うんだけど

もともと入ってた新聞紙を入れなおしました。

IMG_7564.jpg


私が生後13ヶ月の頃の新聞で、すっかり黄ばんでいるのに これまた新しいものに交換できません^^;


若者のクルマ離れはどんどん加速しているのに

エコカー減税のおかげで新車の出荷台数が増えたそうです。

まだまだ乗れるのに不要になってしまった「エコでない車」はどこへ行くんでしょうね。

それこそ海外に輸出されるのかな。

ミシンは中東で大人気だそう。クルマはロシアのほうで大人気ですよね。

そういえば成田では中古工事用重機がオークションにだされてアジアとかに輸出されるんだそうです。



「エコ」「エコ」ってネコもしゃくしも言うけれど

使えるものを わざわざ新しいものに買い換えさせるような商売が乱立してるのも確か。


今、私たちの持ってるもので、こどもに引き継いで何十年も使えるような道具って

いったい どれだけあるんでしょうね 名称未設定 1

デニムのマザーズバッグ - 2010.06.25 Fri

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

ペットボトルのガラガラ - 2010.06.19 Sat

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

母ちゃん

Author:母ちゃん
☆☆☆もも家の家族紹介☆☆☆
熊本出身の父ちゃん。
東京生まれの母ちゃん。
07年8月1日千葉生まれのもも姐さん。
09年秋生まれのニンゲン次女さん。
11年春、多分沖縄生まれのたろー(卒業)
13年早春生まれ?片目の白猫せん。
12年生まれ?14年秋から庭猫のマナちゃん。

11年福島原発事故により東京から避難移住。

ももたろー

script*KT*

☆count up☆

script*KT*

おせん記念日

まにゃカウント

マナがうちに来はじめて

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

赤い糸の先は・・・

いつでも里親募集中

カテゴリ

未分類 (0)
ヒダマリ日記 from沖縄 (43)
母ちゃんのつぶやき (75)
自然農ビギナー (37)
イベント (21)
次女成長記録 (312)
次女病気の記録 (16)
生後0ヶ月 (22)
生後1ヶ月 (14)
生後2ヶ月 (14)
生後3ヶ月 (12)
生後4ヶ月 (14)
生後5ヶ月 (13)
生後6ヶ月 (7)
生後7ヶ月 (8)
生後8ヶ月 (12)
生後9ヶ月 (8)
生後10ヶ月 (6)
生後11ヶ月 (10)
生後1歳0ヶ月 (9)
1歳1ヶ月 (2)
1歳2ヶ月 (11)
1歳3ヶ月 (5)
1歳4ヶ月 (7)
1歳5ヶ月 (15)
1歳6ヶ月~ (14)
3歳 (2)
おしゃれさん (9)
手作り (6)
布おむつ (5)
オススメ☆ベビー用品 (16)
離乳食 (12)
三女 せん(猫) (8)
311以降 放射能関係 (7)

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

QRコード

QRコード

毛皮、必要ですか?

Fur-Free.com

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。